捨てちゃダメ!そのレシートでお金が返ってくるかも【セルフメディケーション税制】

捨てちゃダメ!そのレシートでお金が返ってくるかも【セルフメディケーション税制】コラム
この記事は約3分で読めます。

医療費控除という制度をご存知でしょうか。

医療費控除について国税庁のサイトにこのように記載されています。

医療費控除の概要

その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額(下記3参照)の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)

つまり一定以上の医療費を支払った場合、所得控除を受けることが出来るといった制度になっております。

この医療費控除の特例制度としてセルフメディケーション税制があり、今回はそのセルフメディケーション税制について紹介していきます。

セルフメディケーション税制を活用しよう!

セルフメディケーション税制について国税庁のサイトにこのように記載されています。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

平成29年1月1日以後に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の特定一般用医薬品等購入費を支払った場合において、自己がその年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の健康診査や予防接種などを行っているときは、通常の医療費控除との選択により、その年中の特定一般用医薬品等購入費の合計額(保険金等により補填される部分の金額を除きます。)のうち、1万2千円を超える部分の金額(8万8千円を限度)を控除額とするセルフメディケーション税制(特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例)の適用を受けることができます。

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)

医療費控除の特例として利用できる制度で、ドラックストアで風邪薬等の特定医薬品を12,000円購入した場合、超えた分の所得が控除されます。

特定一般用医薬品等は難しそうに聞こえますがパッケージの裏にこのようなマークが記載されており、このマークがあるものが対象です。

セルフメディケーション税制の要点をまとめるとこんな感じ。

セルフメディケーション税制

  • 特定一般用医薬品等購入費が対象
  • 12,000円~88,000円までを控除
  • セルフメディケーション税制を使う場合は通常の医療費控除が使えない
  • レシートは確定申告の際に利用
  • 健康診査や予防接種の取り組みが必要

とりあえず1年間のレシートはとっておこう

通常の医療費控除とセルフメディケーション税制はどちらか一方しか使うことができません、とりあえず1年間のレシートを保管しておいて、より控除額の高い方の制度を使いましょう。

レシートは確定申告の際に提出はしませんが、報告する際に利用する上に保管義務があります。

まとめ

  • 医薬品を購入したらとりあえずレシートを取っておこう

健康診査や予防接種の取り組みが必要ですが、季節性の風邪薬や花粉症の薬など、薬を常用している人であれば12,000円以上使うこともあるでしょう。

年越し前にインフルエンザで医薬品の出費が増えることがあるかもしれません、そんな時に対応できるように医薬品を購入した際は1年間レシートを保管しておくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました