楽天銀行をメインバンクにした場合サブバンクにおすすめの銀行はどこ?

銀行
この記事は約4分で読めます。

楽天サービスの利用時に役立つ楽天銀行、楽天カードや楽天証券との相性もばっちりで利用者から支持を得ています。

そんな楽天銀行ですが弱点もあり、単独で使うには少々不便になることも。

今回は楽天銀行をメインバンクにした場合、サブバンクにどこの金融機関を使えばいいのかを紹介していきます。

楽天銀行のメリット・デメリットを知ろう

楽天銀行をメインバンクにする場合、サブバンクに何を求めるか知る必要があり、そのためには楽天銀行を利用するメリットとデメリットの双方を知る必要があります。

基本的にサブバンクはメインバンクのデメリットを補うために作成されることが多いです。

メリットとデメリットを明確にすることでサブバンクに何を求めているかを探していきましょう。

楽天銀行の要点

  • ハッピープログラム→ATM利用手数料無料、振込手数料無料、楽天ポイント獲得
  • 給与や年金受取→翌月振込手数料3回無料
  • 楽天証券連携→金利0.1%、自動入出金
  • 楽天カード引き落とし→楽天市場でポイント+1倍

楽天銀行は給与や年金を受け取ることで翌月の振込手数料が3回まで無料になり、他銀行に資金を振り分けられて使いやすいといったメリットがあります。

また、楽天証券と連携することにより金利が0.1%まで上昇してメガバンクの100倍の金利を受け取ることも可能です。

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定すれば、楽天市場等でポイント還元率が上昇するうれしい特典もあります。

公式 楽天カード

公式 楽天銀行

公式 楽天証券

楽天銀行最大の弱点はATM無料で使えないこと

楽天銀行はハッピープログラムという利用状況に応じてATM利用手数料や他行振込が無料になるプログラムがあります。

そして、このハッピープログラムを利用することで月に1~7回まで提携ATMの利用手数料が無料になります。

ハッピープログラムのランクによって月にATMを無料で使える回数が決まるのですが、現実的に月2~5回までしか無料でATMを使えません、人によっては1回しかATMが無料で使えないという人もいるでしょう。

デメリットを補うためにサブバンクを活用しよう

楽天銀行はハッピープログラムによって無料でATMを利用できる回数が決められています。

そんなデメリットをサブバンクを使って解決していきましょう。

いつでもATM利用手数料無料のゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行ロゴ

ゆうちょ銀行のATMはいつでも手数料無料で入出金することが可能、ファミリマートに設置されているゆうちょ銀行を使えば深夜でも手数料を気にせず出金することが出来ます。

ゆうちょ銀行の要点

  • ATM利用手数料無料
  • ATM設置台数No.1
  • 通帳で出金可能

楽天銀行との組み合わせでは給与を楽天銀行で受け取ると振込手数料が3回無料になるので使いたい金額をゆうちょ銀行に振り込むことによりATM利用回数に縛られることがなくなります。

これは楽天銀行の振込手数料無料とゆうちょ銀行のATM利用手数料の強みを活かした組み合わせになります。

公式 ゆうちょ銀行

もっと金利をあおぞら銀行

あおぞら銀行ロゴ

楽天銀行は楽天証券と連携することで預金金利を0.1%に上昇させることが可能、メガバンクと比べて非常に高い水準ですが、あおぞら銀行を使えばもっと預金金利でお得にすることが出来ます。

あおぞら銀行の要点

  • 普通預金金利 0.2%
  • ゆうちょ銀行ATM利用手数料無料

あおぞら銀行は普通預金金利が0.2%で証券口座を連携した楽天銀行の2倍の金利があります。

楽天銀行で給与を受け取っている場合、無料であおぞら銀行に振り込むことができ、余剰資金を0.2%の金利で運用することが出来るので相性がいいです。

公式 あおぞら銀行

まとめ

  • 楽天銀行は給与受取で月3回まで振込手数料無料
  • ハッピープログラムで月1~7回までATM利用手数料無料
  • ATM利用手数料無料のゆうちょ銀行に振り込んで使おう
  • あおぞら銀行を使えば金利が0.2%に!

楽天銀行をメインバンクとして使った場合、給与受取でポイントが貰え、振込手数料が無料になるのでポイント的にもお得で他の銀行と一緒に使いやすいです。

楽天サービスとの相性も良いので楽天サービスをよく使い人におすすめで、より使いやすくするためにサブバンクを作ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました