NASDAQ100に積立投資するなら投資信託とQQQ両方利用するのがおすすめ

NASDAQ100に積立投資するなら投資信託とQQQ両方利用するのがおすすめ投資信託
この記事は約4分で読めます。

Google Apple Facebook Amazon等、誰もが知る一流企業がNASDAQに上場して、これらの会社の成長は凄まじく、投資をする上で圧倒的パフォーマンスを誇っています。

そんなNASDAQを対象に投資する金融商品はいくつかあり、米国ETFのINVESCO QQQ TRUST SERIESという通称QQQと呼ばれる商品が代表的な商品です。

その他にも投資信託のiFreeNEXT NASDAQ100インデックス国内ETFのNEXT FUNDS NASDAQ-100®連動型上場投信(1545)等があります。

今回は積立投資をする場合でどの商品を利用すれば良いのか検証して行きたいと思います。

国内ETFのNEXT FUNDS NASDAQ-100®連動型上場投信(1545)は取引単位が10口からなので積立投資に向いておらず、今回は検証に入れておりません。

なお、為替手数料を抑えることが出来る面から取引は全てSBI証券で行うものとします。

手数料を比べた結果、投資信託がおすすめ!

まず、金融商品を語る上で外せないのが手数料の比較、同じ指数を元に運用をしているので手数料が安いものを選ぶのがベストの選択と言えます。

QQQ(米国ETF)NASDAQ100インデックス(投資信託)
購入手数料約定代金の0.495%(上限22ドル)無料
為替手数料4銭(住信SBIネット銀行経由時)なし
管理費用0.20%0.495%+0.20%
配当金再投資割合72%90%

結論から言うとおすすめは投資信託のNASDAQ100インデックスになります。

QQQに投資する場合、初期投資の段階で手数料が引かれてしまいパフォーマンスの低下、積立投資ということもあり購入金額の大きさからドル・コスト平均法の恩恵を受けづらいので1円単位で購入できる投資信託をおすすめしています。

ドル・コスト平均法

長期投資の際に、定期的に同額づつ購入することで価格変動リスクを抑えることが出来る投資手法。

米国ETFの配当金は一時的に税金が多く取られる!

また、米国ETF全般に言えることなのですが配当金を再投資する場合、米国で10%日本で20%引かれて72%しか手元に残りません、外国税額控除制度を利用することで後に戻ってきますが、投資に回すまで期間が空いてしまうのもデメリットの一つです。

QQQを買うべきときは?

米国ETFは購入時の手数料が割高なので、購入時手数料を抑えれる場合にQQQを買付すると投資信託よりパフォーマンスを出すことが出来ます。

QQQが投資信託のパフォーマンスを上回る方法

  • NISA口座の活用
  • 大きな金額での買付

NISA口座の活用で買付手数料が無料に

まず、NASDAQ100指数に投資したい場合にNISA口座の投資可能枠がある場合にはQQQの購入をおすすめします。

NISA口座でQQQを購入した場合には手数料がかかりません、最初からパフォーマンスを出すことができ、投資信託の維持コストの差の分だけ結果が良くなります

ただし、少額の積立の場合にはQQQを買付することが出来ない月があり、機会損失を生んでしまうため、こちらの場合も投資信託を購入するのが良いでしょう。

投資信託と米国ETFを活用したおすすめの投資方法

米国ETFの買付手数料は0.495%ですが、22ドルが手数料の上限となっています。

よって、4,444.45ドル以上の取引だと超えた分の手数料が無料になり大きな金額で買付することによって買付手数料を抑えることが出来ます。

いくら買付手数料を抑えることが出来てもそんなに大きな金額を積立することが一般人には不可能、そこでおすすめしたいのが投資信託とQQQの2つを活用した投資方法です。

基本は投資信託で積立、100万円程度の金額になったら解約して、QQQに一括投資、そしてまた投資信託で積立をする流れです。

購入時の手数料がかからないので短期間でパフォーマンスを出せる投資信託維持コストが低く長期間でパフォーマンスを出せるQQQのお互いの長所を生かした購入方法となっています。

まとめ

  • 基本的には投資信託のNASDAQ100インデックス
  • NISA口座ではQQQ
  • NASDAQ100インデックスからQQQに買付がおすすめ

NASDAQ100指数はパフォーマンスが良く、将来的にも期待出来る会社ばかりですので投資する際にはおすすめの指数で、私はGoogleやAmazon、Netflixなど使っているサービスが多く、とても良いサービスだと感じているので投資しています。

積立投資する場合には投資信託のNASDAQ100インデックスに投資しつつ100万円溜まったらQQQを一括で購入する流れが手数料的におすすめです。

米国株式市場には魅力的な会社がたくさんあるので将来を期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました