WordやExcelにまだお金払ってるの?Office Onlineで無料に使おう

WordやExcelにまだ お金払ってるの? Office Onlineで無料に使おうコラム
この記事は約5分で読めます。

Word・Excel・PowerPointを利用するのにOffice365を契約して月々お金を払っている人がいるのではないでしょうか?

基本的な機能しか使っていないのであれば、Microsoftが提供する無料のOffice Onlineを利用すれば固定費を削減することができるので検討してみましょう。

先輩!WordやExcelを無料で使えるって聞いたんですけど、本当ですか?

ブラウザ上で利用できるOffice Onlineを利用すれば、無料でWordやExcelを使いことができますよ

一部機能が制限されていたりもするので確認しておきましょう

Office Onlineって何?

Office OnlineとはMicrosoftが提供するオンライン上で資料作成ができるサービスです。

資料を作成する際によく使われるWord・Excel・PowerPoint等はOfficeに含まれています。

Microsoftが提供するOffice系サービスは3種類あります。

Microsoft Officeサービス

  • 一括購入のOffice2019
  • サブスクリプション方式のOffice365
  • 無料のOffice Online

一括購入型のOffice2019は最初に購入する必要があり、サブスクリプション方式のOffice365は利用料を支払う必要が。

サブスクリプション方式

通称「サブスク」とも呼ばれ、予約購読・年間購読という意味がある。

利用料を支払うことで一定期間サービスを利用できる権利を得る。

一括購入ではないので価格が抑えられて始めやすい半面、長く使うと高くつくこともある。

Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|カード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
マイクロソフト
Office 2019およびOffice 2019 for Macと便利なサービスが使える、カード1年版(新規/更新) プロダクトキーはカード裏面に記載

対して、Office Onlineは無料で利用することが出来て、お金を払う必要がないので固定費の削減することが出来ます。

Office Onlineで利用できるサービス

  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft PowerPoint
  • Microsoft Forms
  • Microsoft Sway

無料のOffice Onlineでも基本のWord・Excel・PowerPointを利用することが出来ます。

作成した資料は全てMicrosoft OneDriveに保存されるため、様々なデバイスで閲覧・編集することができます。

しかし、無料ということで一部機能が制限され、オンライン上で利用するため、オフライン状態では使えないので注意が必要。

公式 Office Online

Office Onlineと有料版の違い

Officeの種類によって、出来ることや出来ないことが分かれています。

無料のOffice Onlineは一番グレードが低く、制限が一番多いです。

ただ、それでも個人で使う分には十分使える内容に思えます。

Office OnlineのExcel・Word・PowerPointで利用できない一部分を紹介していこうと思います。

Excelで出来ないこと

  • マクロ機能
  • 画像の編集

Excelの機能が制限されている部分を一部挙げてみました。

Office OnlineのExcelではマクロ機能が利用できません。

Office Online
Office 2019

有料版のExcelにはマクロ機能のボタンがあるものの、Office onlineでは「マクロ」の文字すらありません。

もっとも、マクロ機能を使わなければ問題はないです。

画像については、取り込んだ画像を拡大や縮小は出来るのですが、トリミング等が出来ないので画像を編集してから取り込むのがベストです。

Office Online
Office 2019

見ての通り画像に関しては、Office2019では画像に対してレイアウト変更やトリミング等操作できる画面があるのですが、Office Onlineでいじることが出来ません。

Excelを頻繁に利用せずマクロ機能や画像を使ってない人にとっては、Excel Onlineで事足りると思います。

Wordで出来ないこと

  • マクロ機能
  • テキストボックス
  • 図形の追加

Wordも機能が制限されているところを一部挙げてみました。

こちらもマクロ機能が使い物にならないです。

Office onlineではテキストボックスが使えません。斜めに文字を入れれたり、他の文字に被せたりすることが出来るのであると便利なので、人によっては困ることが多いかもしれません。

Office 2019

図形の追加については、追加が出来ないので図形の画像を取り込んで使用する形になります。

マクロによる効率化は図れませんが、装飾なしの文書を作成する分には問題ないと思います。

PowerPointで出来ないこと

  • 音楽の追加
  • グラフの追加
  • ヘッダー・フッターの編集

PowerPointも機能が制限されているところを一部挙げてみました。

音楽の追加はPowerPointを作る上で必要になってくる場面もあるでしょう。

グラフに関しては、数字を使う資料を作成する時に、グラフの作成が出来ないので、直感的に訴えることが難しくなります。

ただ、グラフを画像で取り込む事によって、同じように見せることも可能です。

ヘッダー・フッターの編集では一括で下に小さくCopyrightや社名等を入れたい場合に便利ですが、これも利用出来ません。

PowerPointでグラフをよく使っている人なんかは、Office Onlineを利用するのはやめといた方がいいかもしれません。

まとめ

Office Onlineを使う事によってOfficeに払っていた固定費等を削減できるかもしれません。

ただ、使いにくくなるのは確実ですので、一回使って試してみてから決めても良いでしょう。

  • Office OnlineでExcel・Word・PowerPointが無料で利用できる
  • OneDriveに保存される
  • 一部機能が制限されている

自分に合ったOfficeを選択して良いOfficeライフを。

タイトルとURLをコピーしました