筆者が実際に使っている銀行

筆者が実際に使っている銀行銀行
この記事は約5分で読めます。

クレジットカードの決済や生活費の管理をするために必須な銀行口座。

銀行によって手数料や金利等に差があり使い分ける必要があります。

今回は筆者が実際に使っているメインバンク、サブバンクを紹介していきたいと思います。

メインバンクとサブバンクに求める条件

一つの銀行だけだと手数料の発生や利用したいときに利用出来ない等のデメリットがあり、満足に資産管理が出来ない場合があります。

メインバンクに求める条件

  • 入出金の手数料無料
  • 小銭を入金可能
  • 居住地域の公共料金引き落とし対応

サブバンクに求める条件

  • メインバンクのATMで手数料無料
  • 金利
  • 振込手数料無料

メインバンクに求める条件として入出金手数料が無料なのはもちろんのこと、なるべく支払いを自動化させたいので公共料金引き落とし対応も必須(クレジットカードで引き落とし出来る場合を除く)、キャッシュレス決済を多様化しているため小銭を持ちたくないので小銭の入金が出来る点も求める条件の一つです。

全てメインバンク一つで揃えばいいのですが、そんな完璧な銀行は存在しないので、サブバンクで必要な部分を補完していきましょう。

ただ、利用する金融機関を増やしすぎると管理が大変になるので調整が必要になってきます。

メインバンクとサブバンクを組み合わせることによって快適な資産管理をすることが出来るので、私が実際に使っている金融機関等を参考にしてみてください。

実際に使っている金融機関は4つ!

私自身よく利用しているメインバンクとサブバンクを紹介していきます。

また、資金移動を楽にするための金融機関も利用しているので、合わせて紹介します。

メインバンクは利便性を重要視

メインバンクとして実際に使っているゆうちょ銀行です。

ゆうちょ銀行にはいいところが多くあり利便性も高いのでおすすめできます。

どこにでもあり、土日も手数料無料のゆうちょ銀行!

ゆうちょ銀行ロゴ

ゆうちょ銀行は全国どこにでもあり、土日祝日のATM利用手数料も無料ととても利便性が高いです。

ATMの数が多く、後に紹介するサブバンクは、どれもゆうちょ銀行で入出金することができるので現金での資産管理が楽になります。

また、提携サービス(QRコード決済・クレジットカード・公共料金引き落とし等)の種類が多く支払い関係はゆうちょ銀行一つで賄うことが可能です。

以上の点から私がメインバンクに求める条件を全てクリアしていて、大変便利に利用できています。

トラブル等があっても郵便局で相談等することが出来るので、ネット銀行より対応に安心感があるのも良い点の一つです。

公式 ゆうちょ銀行

サブバンク

私は2つの銀行を用途を分けて、サブバンクとしてよく利用しています。

振込無料の住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行ロゴ

住信SBIネット銀行は振込を無料ですることを目的として開設したサブバンクで、無料でメインバンクのゆうちょ銀行ATMで入出金ができるので便利に使えます。

振込が月1~20回まで無料になるので他の銀行やサービス等に資金を移したい時にネット上から振込出来るので気軽です。

また、ゆうちょ銀行以外にも、コンビニやイオン銀行のATMで出金手数料が無料なのでどこでも現金を引き出すことが出来ます。

サブバンクですがメインバンクのゆうちょ銀行と同じくらい使っており、使い勝手が非常にいいです。

もちろん、手数料無料の回数を超えてしまうと手数料がかかってしまうので注意が必要です。

後に紹介するSBI証券を利用すれば無料でネット上にて、簡単に資産を振り分けたり管理することが出来るのでとても便利です。

公式 住信SBIネット銀行

普通預金金利が高いあおぞら銀行

あおぞら銀行ロゴ

あおぞら銀行のBANK支店は普通預金の金利が0.2%と信じられないほど破格な金利設定になっており、貯金用口座として開設しました。

こちらも無料でメインバンクのゆうちょ銀行ATMで入出金ができるので使い勝手がよく便利です。

やはり、メインバンクのATMを利用できる銀行がサブバンクとして向いているのではないでしょうか。

普通預金で0.2%の金利なので、定期預金を作る必要がなく、必要になったらゆうちょ銀行ATMで出金することが出来ます。

公式 あおぞら銀行

その他

メインバンクとサブバンクの資金移動を楽にするためにSBI証券の利用もしています。

SBI証券

SBI証券は資産運用とゆうちょ銀行から即時入金で、住信SBIネット銀行へ資金を入れるのに利用しています。

ゆうちょ銀行にあるお金をSBI証券の即時入金を使ってSBI証券にある口座に移します。

SBI証券の口座は住信SBIネット銀行とリンクしているため、住信SBIネット銀行上で資金を必要なところに振込することで、自宅にいながら無料で資金の円滑な移動ができます。

ゆうちょ銀行以外にもメガバンク・セブン・イオン・楽天銀行等が提携金融機関になっていて、即時入金を利用することが出来ます。

公式 SBI証券

まとめ

  • メインバンクはゆうちょ銀行
  • 振込やコンビニ出金用に住信SBIネット銀行
  • 金利重視のあおぞら銀行
  • 資金管理はSBI証券を経由

やはり、メインバンクは利便性を重視して利用しています。

そして、飲み会とかでお金が緊急に必要になる場合があるのでコンビニで無料で出金できるように住信SBIネット銀行を利用、現金の余剰資金はあおぞら銀行にいれて少しでも金利を受け取れるようにしてます。

これか全ての銀行はゆうちょ銀行ATMで無料で入出金できるのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました