メインバンクとサブバンクを使い分ける必要ある?

コラム
この記事は約5分で読めます。

普段使っている銀行の口座、使い方によっては、損をしている可能性も。

損している人は新しい銀行口座を作ったほうがいいかもしれません。

今回はメインバンクとサブバンクを使い分ける目的と必要性を紹介していきます。

友達が銀行を3つ使い分けているんだけど意味があるのかしら

最近では銀行を使い分ける人をよく見ます

銀行を2つ以上使い分けるとメリットが多いので、使い分ける理由を紹介していきます

メインバンク・サブバンクって何?

メインバンク・サブバンクとありますが、実際に使ってないとよくわからないですよね。

メインバンクとサブバンクについて、その特徴と共に説明していきます。

日常生活で利用するメインバンク

「メインバンク」は言葉通り、日常生活で使っている銀行をメインバンクと呼びます。

日常生活で使われているということで、給与の受取やクレジットカード・固定費等の引き落としに利用され、自然とお金の動きが多くなります。

銀行の引き落としで地方税等を支払っている人なんかは、対応している地銀等がメインバンクになっていきます。

また、普段の入出金を頻繁に利用するので、周辺に店舗が複数ある銀行が自然とメインバンクになったりもします。

最近では、店舗がなくても提携ATMで入出金が無料などの銀行を多くなっており、メインバンクの選択肢が増えつつあります。

メインバンクの補完するサブバンク

サブバンクはメインバンクの弱点を補完する形で利用することになります。

メインバンクでよく使われるメガバンクや地方銀行。

それらは出金や振込等の手数料が比較的高い傾向があります。

なぜなら、店舗があり人も居て、経費が多くかかるからです。

一方、ネット銀行は店舗がなく(少なく)その分、金利が高かったり、手数料が無料な銀行も多いです。

特定の用途で使いたい場合、活躍するのがネット銀行であり、サブバンクになります。

その他にもメインバンクで利用するにはお金がかかるけど、サブバンクで無料にする等の使い方も出来ます。

このように弱点を補って利便性を高めるのがサブバンクの役割です。

サブバンクを作る目的として、主にこれらの項目を重視して作っていきたいです。

サブバンクの役割

  • 振込手数料無料
  • コンビニATM無料
  • 金利が高い

これらすべてを条件を満たしている銀行があればいいのですが、なかなか見つかりません。

そこでサブバンクを複数持つことによって手数料の出費を抑えたり、高金利で預けたりできるわけです。

結局サブバンクは作った方がいいの?

メインバンクとサブバンクの特徴を理解しても、実際に作るかどうかは人それぞれです。

サブバンクを作るべき人と作らない方がいい人の特徴をまとめてみました。

サブバンクを作るべき人

現状メインバンクだけで困ってないという人もいるでしょう。

ただ、これらに当てはまる人は作ったほうがお得になる場合が多いので、確認しておきましょう。

コンビニATMを利用する人

コンビニで出金をしている人は絶対にサブバンクを作ったほうがいいです。

銀行のサービスで一番使うのが出金だと思いますが、コンビニで出金をしていると、利用手数料が発生します。

そのため、コンビニで出金することがある場合には、コンビニ出金手数料が無料の銀行をサブバンクとして利用することをおすすめします。

銀行の窓口で定期預金など利用している人

メガバンク3行の1年間の定期預金の利息が0.01%になっています。(2020年3月12日現在)

これが基準となり地方銀行や信用金庫等の定期預金も同じくらいの水準となっているのが一般的です。

ネット銀行であれば、メガバンクの10倍~20倍の利息が貰えるところも多数あり、長期運用すると価格の差がどんどん広がります。

例えば、メガバンクに1年間100万円で定期預金を作成すると利息はたったの100円です。

しかし、定期預金の金利が0.2%のネット銀行に1年間100万円預けると利息が2,000円になります。

口座開設もネットで出来るので、定期預金を低い金利で運用している人は、サブバンクとして金利が高いネット銀行を作ることをおすすめします。

手数料がかかる振込を定期的にしている人

オークションやサービス代金の支払いで振込をすることがあると思います。

その際に、メガバンクや地方銀行での他行宛の振込では、手数料が結構取られます。

定期的に振込をしている人は、振込手数料が無料の銀行口座をサブバンクとして利用しましょう。

振込をしてなくても口座を開設しておくだけで振込をしなければならないときに、無料で振り込むことが可能になります。

連携サービスを使っている人

例えば、楽天サービスを利用しているなら楽天銀行の口座を作ったほうがいいです。

また、SBI証券を利用しているなら住信SBIネット銀行の口座開設をしたほうがいいです。

自分が使っているサービスに対応した銀行口座を開設することによってサービス自体が使いやすくなったり、ランク等が上がってお得になるケースもあります。

連携サービス先の銀行で口座開設しても便利にならないケースもあるので、銀行口座を作る目的を明確にして、便利になると感じたら作る程度でいいでしょう。

逆にサブバンクを利用しないほうがいい人は?

逆に複数銀行口座を作らないほうがいい人は、上記の項目に当てはまらない人です。

複数口座を持つことのデメリットは、お金の管理が複雑になることです。

最初は使っていても、だんだん使わなくなり、残高を少し残して「記憶の中から消えていった」なんて事があれば、残した金額だけ損することになります。

また、クレジットカードの引き落とし等を分散させてしまうと残高不足等のリスクもあるので、使わないのに、口座開設するのはあまりおすすめできません。

自分がどの程度金融サービスを使っているのかを確認して、新しい口座を作るべきなのか考えて見ましょう。

まとめ

メインバンクとサブバンクについて、おわかりいただけたでしょうか?

  • サブバンクはメインバンクの弱点を補う
  • 手数料を払わないためにサブバンク
  • 金利や利便性を向上させるためにサブバンク
  • お金の管理が複雑になる

大体はサブバンクを利用したほうがお得になるケースが多いので、作っておいて損はないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました