メインバンクとサブバンクのおすすめの組み合わせ

メインバンクとサブバンクのおすすめの組み合わせ銀行
この記事は約8分で読めます。

様々な銀行がある中で、私たち利用者はどの銀行を使って行けばいいのか悩んでしまいます。

住んでいる地域に多くあるメガバンクや地方銀行を使う、コンビニでの出金がお得なネット銀行を活用する等選択肢が尽きません。

そんな時はメインバンクとサブバンクに分けて考え、複数銀行口座を活用することにより無駄な手数料を払わずなります。

今回はおすすめのメインバンクとサブバンクの組み合わせを紹介していきます。

メインバンクとサブバンクに求める条件

一つの銀行だけだと手数料の発生や利用したいときに利用出来ない等のデメリットがあり、満足に資産管理が出来ない場合があります。

メインバンクに求める条件

  • 入出金の手数料無料
  • 小銭を入金可能
  • 居住地域の公共料金引き落とし対応

サブバンクに求める条件

  • メインバンクのATMで手数料無料
  • 金利
  • 振込手数料無料

メインバンクに求める条件として入出金手数料が無料なのはもちろんのこと、なるべく支払いを自動化させたいので公共料金引き落とし対応も必須(クレジットカードで引き落とし出来る場合を除く)、キャッシュレス決済を多様化しているため小銭を持ちたくないので小銭の入金が出来る点も求める条件の一つです。

全てメインバンク一つで揃えばいいのですが、そんな完璧な銀行は存在しないので、サブバンクで必要な部分を補完していきましょう。

ただ、利用する金融機関を増やしすぎると管理が大変になるので調整が必要になってきます。

メインバンクとサブバンクを組み合わせることによって快適な資産管理をすることが出来るので、私が実際に使っている金融機関等を参考にしてみてください。

ゆうちょ銀行をメインバンクした場合の組み合わせ

まずは、ATMの数も多く時間外でも入出金手数料が無料のゆうちょ銀行をメインにした場合のサブバンクを紹介していきます。

ゆうちょ銀行にはいいところが多くあり利便性も高いのでメインバンクとしておすすめ、ゆうちょ銀行ATMと提携している金融機関も多く、サブバンクの候補も豊富です。

どこにでもあり、土日も手数料無料のゆうちょ銀行!(メインバンク)

ゆうちょ銀行ロゴ

ゆうちょ銀行は全国どこにでもあり、土日祝日のATM利用手数料も無料ととても利便性が高いです。

ATMの数が多く、後に紹介するサブバンクは、どれもゆうちょ銀行で入出金することができるので現金での資産管理が楽になります。

また、提携サービス(QRコード決済・クレジットカード・公共料金引き落とし等)の種類が多く支払い関係はゆうちょ銀行一つで賄うことが可能です。

トラブル等があっても郵便局で相談等することが出来るので、ネット銀行より対応に安心感があるのも良い点の一つです。

公式 ゆうちょ銀行

サブバンク

メインバンクにゆうちょ銀行を選択する場合、サブバンクには2つの銀行を用途を分けて利用するといいでしょう。

また、ゆうちょ銀行ATMを無料で使える金融機関が多いのでサブバンクを増やすこともおすすめします。

振込無料の住信SBIネット銀行(サブバンク)

住信SBIネット銀行ロゴ

住信SBIネット銀行は振込を無料ですることを目的として開設したサブバンクで、無料でメインバンクのゆうちょ銀行ATMで入出金ができるので便利に使えます。

振込が月1~20回まで無料になるので他の銀行やサービス等に資金を移したい時にネット上から振込出来るので気軽です。

また、ゆうちょ銀行以外にも、コンビニやイオン銀行のATMで出金手数料が無料なのでどこでも現金を引き出すことが出来ます。

サブバンクですがメインバンクのゆうちょ銀行と同じくらい使っており、使い勝手が非常にいいです。

もちろん、手数料無料の回数を超えてしまうと手数料がかかってしまうので注意が必要です。

後に紹介するSBI証券を利用すれば無料でネット上にて、簡単に資産を振り分けたり管理することが出来るのでとても便利です。

公式 住信SBIネット銀行

普通預金金利が高いあおぞら銀行(サブバンク)

あおぞら銀行ロゴ

あおぞら銀行のBANK支店は普通預金の金利が0.2%と信じられないほど破格な金利設定になっており、貯金用口座として利用できます。

こちらも無料でメインバンクのゆうちょ銀行ATMで入出金ができるので使い勝手がよく便利です。

普通預金で0.2%の金利なので、定期預金を作る必要がなく、必要になったらゆうちょ銀行ATMで出金することが出来ます。

公式 あおぞら銀行

住信SBIネット銀行をメインバンクにした場合の組み合わせ

先ほど紹介した住信SBIネット銀行はメインバンクとしても利用するポテンシャルを秘めています。

コンビニATMの利用が主体の人は住信SBIネット銀行をメインバンクとし、サブにあおぞら銀行を活用するのも良いでしょう。

住信SBIネット銀行(メインバンク)

住信SBIネット銀行ロゴ

私はサブバンクとして利用していますが、ネット銀行最大手の住信SBIネット銀行をメインバンクにするのもおすすめです。

住信SBIネット銀行の提携ATMで小銭の入金が認められていたら私はこちらをメインバンクにしていたでしょう。

コンビニでの出金手数料等は先程説明した通り利便性が高く使いやすいです。

都税・市税等の口座振替は対応していませんが、振込手数料が月1~20回まで無料なので振込を使って対応口座に入金することもできます。

住信SBIネット銀行はSBI証券との連携が強く住信SBIネット銀行をメインバンクにすると資産管理が楽になります。

あおぞら銀行(サブバンク)

あおぞら銀行ロゴ

サブバンクの貯金用には、先程も説明したあおぞら銀行をおすすめします。

あおぞら銀行は、メインバンクである住信SBIネット銀行と一緒でゆうちょ銀行での出金が無料のため使いやすいです。

メガバンク・地方銀行をメインバンクにした場合の組み合わせ

他におすすめの組み合わせは、メインバンクにメガバンクや地方銀行を利用した時、サブバンクにソニー銀行を利用するのがおすすめです。

身近にあるメガバンク・地方銀行(メインバンク)

公共料金を銀行の口座振替で支払っている人は、住んでいる地域にある銀行がおすすめです。

メインバンクとして利用する条件の一つとして、住んでいる地域の市税等の公共料金の口座振替が対応しているかが重要になってきます。

住んでいる地域に複数ある銀行であれば公共料金の口座振替が対応しているので安心ですね。

そのため、住んでいる地域に複数あるメガバンクや地方銀行を、メインバンクに選択することをおすすめします。

時間外や土日祝は出金手数料がかかるのが、デメリットですのでサブバンクでカバーしていきましょう。

また、一定の条件をクリアすれば、時間外の出金手数料が無料になったり、コンビニATMの出金手数料が無料になったりします。

海外旅行に強く、振込手数料が無料なソニー銀行(サブバンク)

ソニー銀行ロゴ

ソニー銀行はソニーグループが運営するネット銀行です。

ソニー銀行振込手数料

ATM利用は三菱UFJ・三井住友・ゆうちょ・イオン・各種コンビニの銀行に対応しており入金が無料です。

出金は最低ランクで月4回まで無料になっており、メガバンク2行と全国どこでもあるコンビニやゆうちょ・イオンも対応しているのがソニー銀行の利便性を高めてくれます。

ソニー銀行入出金手数料

振込手数料は最低ランクで月1回無料、Sony Bank WALLETを所持していれば月2回まで無料で振り込むことができます。

Sony Bank WALLETはキャッシュカード・デビットカードの機能を持っており、ソニー銀行の口座を持っている方であれば、審査不要で簡単に作ることができます。

また、外貨預金に力を入れており、海外旅行の際に貯めた外貨をその国のATMで現地通貨として出金することが出来るサービスもあるので、海外旅行をする人におすすめです。

公式 ソニー銀行

その他

メインバンクとサブバンクの資金移動を楽にするために証券口座の利用もおすすめ。

証券口座を経由して資金を移動することで振込手数料なしで資金が移動出来ちゃいます!

おすすめの方法ですが、本人名義の口座しか移動できないので、他人への振込とかでは使えませんよ。

SBI証券

SBI証券は提携銀行から即時入金で、他銀行へ資金を入れるのに利用できます。

これらの提携銀行からSBI証券に資金を入金、その後、資金が必要な口座に出金することで円滑に資金が移動するのです。

この証券口座の資金移動という隠れ技を使ってお得にメインバンクとサブバンクを繋げていきましょう。

公式 SBI証券

本項目では住信SBIネット銀行と親密性の高いSBI証券を紹介していますが、資金移動という意味では楽天証券でも同じことが出来ます。

楽天証券ではこちらの銀行が提携先になっています。

まとめ

  • メインバンクに合わせてサブバンクを選ぼう
  • メインバンクにゆうちょ銀行、サブバンクに住信SBIネット銀行・あおぞら銀行
  • 住信SBIネット銀行と・あおぞら銀行の組み合わせもおすすめ
  • 都市銀行や地方銀行とソニー銀行の組み合わせもおすすめ
  • 資産運用と資産管理で証券口座も便利

メインバンクは給与振込や引き落としの設定等あるので変えるのに手間がかかりますが、サブバンクは作ったらその分お得になることも多いので、メインバンクの弱点を補う形で作成していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました