LINE Payを最大限お得に使いこなす方法

LINE Payを最大限お得に使いこなす方法QRコード
この記事は約6分で読めます。

LINE PayとはQRコード決済の一種です。

LINE Pay
基本還元率0% 
還元ポイントLINEポイント
チャージ銀行口座・VISA LINE Payクレジットカード・
コンビニ・LINEポケットマネー・その他 
支払いQRコード・QUICPay・LINE Payカード ・請求書・送金

結論としてLINE Payの利用はVisa LINE Payクレジットカードを使いチャージ&ペイで利用するのが一番お得です。

基本還元率は0%だけどクレジットカード作成で大幅上昇

LINE Payの基本還元率は0%です。

Visa LINE Payクレジットカードを紐付けて使うと還元率が1%~3%になり、LINEポイントクラブのマイランクによって還元率が変わってきます。

LINEポイントクラブ
レギュラーシルバーゴールドプラチナ
チャージ&ペイ還元率1%1.5%2%3%
獲得クーポン枚数1枚3枚6枚10枚

半年間で100ポイント獲得でシルバーに、500ポイント獲得でゴールドになれます、プラチナになるには5,000ポイント獲得とVisa LINE Payクレジットカードの発行が条件になっています。

レギュラーランクで1%という高還元率を誇りながら2%のゴールドランクも簡単に到達することが可能です、プラチナランクも目指そうと思えば手の届く範囲にあります。

還元ポイントはLINEポイント

LINE Payでは、LINEポイントが還元されます。

チャージ

LINE Payのチャージ方法はとても多いです。

特にLINEポケットマネーでお金を借りてチャージ出来たりするので、お金が少ないときでも重宝します。

簡単にチャージ可能な銀行

銀行口座を登録すると、口座からチャージできます、一度登録を済ませてしまえば簡単にチャージが出来るようになります。

LINE Pay残高にチャージする一般方法で、利用回数は多くなります。

VISA LINE Payクレジットカードでお得に

VISA LINE Payクレジットカードは、LINEアカウントと紐付けることで様々な特典を受けること可能で、一般的なLINE残高とは別の形で利用することになります。

チャージ&ペイと呼ばれる方法で利用できるようになり、0%だった基本還元率が1%になったりとお得になります。

LINE Payを活用する際には、VISA LINE Payクレジットカードの発行と利用が必須になってきます。

現金でさっとチャージしたいときはコンビニで

LINE PayではコンビニとAINZ&TULPE等で現金を使いチャージすることが出来ます。

LINE Payチャージ可能な店舗

  • セブンイレブン(セブン銀行ATM)
  • ファミリーマート(Famiポート)
  • ローソン(LINE Payカード)
  • AINZ&TULPE

セブンイレブンやファミリーマートは機械の操作で、AINZ&TULPEは店頭でQRコード見せればチャージすることが出来ますが、ローソンはLINE Payカードが必要なので注意しましょう。

LINEポケットマネーでお金を借りることも可能

LINE Pocket Money

LINE Pocket Moneyを使うことで個人向けローンを組むことが可能、1円から100万円まで借りることができ、借りたお金はLINE Pay残高にチャージされます。

また、全てがアプリ内で完結していて手間がかからないのが特徴、スコアによって金利や極度額が変わるという斬新なサービスになってます。

必要になれば使うこともあるかもしれません。

支払い

LINE Payの支払い方法はとても多く、幅広く利用することができます。

QRコードはもちろんQUICPayとJCBのプリペイドカード

基本的な支払いはQRコードで

QRコード決済はLINE Payの基本的な決済方法です。

QRコードを表示する方法とQRコードを読み取る方法があります、後者の場合は金額を入力しなければならないので、時間が掛かります。

Google Payに登録してQUICPayでスムーズに

Android端末限定ですが、Google PayでLINE Payを登録するとQUICPayで支払うことが出います。

プリペイド式のLINE Payカードでの支払い

LINE Payカード

LINE Payは、LINE Payカードというプリペイドカードを発行することが出来ます。

このLINE Payカードの利便性がとても良く、JCBの加盟店で利用することが出来るので普通にクレジットカードとしてLINE Pay残高を使えます。

クレジットカードで、残高の管理が苦手な人もLINE Payの残高以上に使えないので管理がしやすいです。

請求書の公共料金や税金も払える

LINE Payがあれば、いつでも請求書の支払いをすることが出来ます。

LINE Pay請求書払いを利用する際にはいくつか注意点もあります。

※注意事項※
・支払先によっては、請求書に手数料はお客さま負担と記載がある場合に手数料がかかります。
・税金の請求書支払いは30万円までご利用できます。
・一部の請求書支払いに「LINE Payボーナス」はご利用いただけませんのでご注意ください。

「LINE Pay 請求書支払い」を活用する

公式 支払い可能な公共料金一覧

友達と1円単位でやり取り出来る送金

友人と食事を一緒にした際、会計時に持ち合わせが無かったり、崩さないと相手に渡せないことがありますよね。

LINE Payなら送金機能と振込で、そんな悩みを解決してくれます。

口座番号が分からなくても振込することが出来るのでとても便利ですよ。

振り込みたい人の口座番号が分からなくても大丈夫、電話番号、メール、LINEを知っていれば振り込めます。

そう、LINE Payならね。

その他機能

その他の機能として、LINE Payではクーポン、マイカード、外貨両替を利用することが出来ます。

受け取り時に通知も可能なクーポン

LINE Payでは、クーポンが発行されます、公式アカウントと友達になっていればクーポンを受け取った時に通知が来たりと、使い忘れをなくすことも出来ます。

クーポン活用した場合の値下がり率は大きいので積極的に活用していきましょう。

ポイントカードをまとめるマイカード

マイカード機能でポイントカードをポイントカードをまとめて管理することが出来ます。

普段LINE Payを利用している場合には積極的に使っていきたい機能です。

旅行前に大活躍の外貨両替

海外旅行前に外貨の調達をしなければなりません、LINE Payでは残高を使って外貨両替をすることが出来ます。

外貨両替後は空港受け取りや自宅まで配達してくれるので、受け取ってから海外に飛び立つことが可能になります。

Visa LINE Payクレジットカードが優秀

  • LINE Payの利用はVisa LINE Payクレジットカードを使いチャージ&ペイで利用するのがお得
  • 口座番号が分からなくても振込可能
  • 外貨両替は自宅で受け取れる

LINE Payは、基礎還元率が0%と低いです。

しかし、VISA LINE Payクレジットカードを活用することによって、還元率は大幅に上昇、3%まで得られるようになればメイン決済として大いに活躍してくれることでしょう。

他決済方法と比較してキャンペーンの状況等を見て使いこなしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました