ドル・コスト平均法とは?おすすめの投資先とメリット・デメリット

ドル・コスト平均法コラム
この記事は約3分で読めます。

ドル・コスト平均法とは

ドル・コスト平均法は定額購入法と呼ばれ、定期的に一定金額を投資する投資手法の一種です。

ドル・コスト平均法

長期投資の際に、定期的に同額づつ購入することで価格変動リスクを抑えることが出来る投資手法。

メリット

定期的に決まった金額で購入するので、価格が下がったときに多く購入することが出来ます。

価格が上昇した時も同じ金額で購入するので、購入数が少なくなり高値で大量に購入することを阻止することが出来ます。

その結果、購入単価が平準化していき、時間を掛けて価格変動リスクを抑えることが出来ます。

このようにゆっくりと価格が上昇を続けている金融商品に対してドル・コスト平均法は非常に有効です。

デメリット

ドル・コスト平均法は時間を掛けて価格変動リスクを抑えていくので、短期取引に向いていないです。

成功すれば価格の上昇が見込まれるベンチャー企業で、下落後の反発が見込めない場合は、一括購入の方が適していることが多いです。

また、ブームや流行で価格が上昇している場合にも、長期的には下落する可能性が高いので考える必要があります。

決まった金額を投資すると決めているので、ゆっくり下降を続けている金融商品に対しては損切りするタイミングの判断が難しくなります。

一括で購入していたのであれば、ある程度価格が下がったタイミングで売却する等の判断がしやすくなります。

どんなときに利用するの?

長期投資をする際

時間を掛けて価格変動リスクを抑えて利益を出す投資手法なので長期投資をする場合におすすめしたい手法です。

安定性のある株の購入

電気・ガスなどのインフラ業は安定的に利益を出しているので、ドル・コスト平均法に向いている投資先です。

また、安定的に上昇している投資信託やETF等のファンドは、大幅下落のリスクも少なく非常におすすめできます。

購入時の手数料がない(低い)

ドルコスト平均法は何度も購入手続きをするので、購入時の手数料が重要になってきます。

手数料の最低金額が決まっていて毎回、手数料がかかると手数料負けすることになります。

そのため、購入時手数料が掛からない、もしくは比較的安いサービスを利用しましょう。

運用管理費等で手数料を徴求している場合、購入時に手数料が掛からないので、ドル・コスト平均法に向いています。

投資手法は景気やその他様々な状況に応じて変化していくので、広い視点を持って資産運用をしていくことを心がけていきましょう。

まとめ

積立投資の基本であるドル・コスト平均法について説明していきました。

  • 長期投資に有効
  • 手数料には気をつけよう

時間による価格変動リスクを抑える投資手法と言っても、損をすれば心理的にダメージを受けます。

気にせずに投資をするのは難しいですが、自分が出来る無理のない投資を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました